カテゴリ:なんとなく

批評や感想より分かりやすい。作家さんに了解をいただいて(難しいかな?)、いつかアンケートを取ってみたい。1)安定した---不安定な2)興奮的---沈静的3)動的---静的4)個性的な---平凡な5)まとまった---ばらばらな6)男性的---女性的7)感情的---理知的8)強い ...

「藝術と環境のねじれ~日本画の景色観としての盆景性」早川 陽・著読後のまとめ。私には少々難しかった。山水画~日本画に造詣の深い方ならばすっと頭に入ると思う。私には少々難しかった。さて、山水画が描く理想郷としての自然、あるいは盆栽にみられる自然観(風流な自然 ...

「藝術と環境のねじれ」早川 陽自分には、手ごわい本。なかなか前に進めない。なので引用でお茶を濁す。<引用>”日本絵画は中国文化と西洋文化の「揺れ」の中で生みだされた。土地の地理的条件とは切りはなせない絵画である。東西の影響からの「揺れ」のおさまった安定期に ...

「藝術と環境のねじれ 日本画の景色観としての盆景性」早川 陽〜引用〜”熊谷守一は最晩年のNHKのインタビューで、絵について「結局はね、何を見せるかということでしょ」と話し始め、さらに「下手も絵のうち」という彼が晩年によく口にした言葉について「下手といえばね、 ...

単行本「日本画とは何だったのか 近代日本画史論」古田 亮(角川選書)江戸後期から現代(平山郁夫、東山魁夷まで)をえがき、「〜何だったのか」との著書名のとおり終わりまでの日本画の栄枯盛衰が記されている日本画の歴史本。単行本「藝術と環境のねじれ 日本画の景色感 ...

↑このページのトップヘ