僕のイメージする「イカレタ絵」は、夢中になって描いてるけれどヘタというもの。いつまでもヘタ。

そこに作意が入ると「だだのヘタな絵」になってしまう。それは格好悪い。

このへんはその人の絵心の有る無しでしょう。絵心が乏しければ上達というのは器用になるかどうか、だからつまらない。器用な人は執着しなかったりする。で、イメージが薄口になるから…。