作品作りが自慰行為だとしてもすっきりするならば良い。暇つぶしでもかまわない。これが職業になってしまってはさぞかし苦痛だろう、それに耐えられるのかなぁ。人生に上等な暇つぶしがあるのは好ましいことだ。

さて、人に評価される前に自分で評価するというのか、言葉にして人に伝えたらどうなのだろう、作品のことを。作品を見てもらえれば伝わるものだ…そんなことは、共通認識の乏しい現代人が苦手とするところだろうと思うんですよ。


image



写真は、「自慰の大関」11×15cm 新聞紙にコラージュ