旗でいっぱいになったギャラリーも良いものだと関係者ながら満足できた合同展でした。障がい者の方々が描いた絵画は、熱い表現もありユーモラスなものもありバラエティに富んでいました。2020年オリンピック、パラリンピックは、障がい者アートにとって追い風になります。今後も応援してゆきたいと思います。がんばります!