パステルカラー展(10月8日~ギャラリーツープラス)で、個人的に興味津々なのが、「児童画」対「大人画」。児童の作品は、当然、素晴らしいだろう。屈託のないパワーが、溢れているだろう。それに対するは、名うての作家たち。さて、真価は如何に。この、禁じ手とも言える、「児童画」対「大人画」を含む今回の企画。いかに相乗効果をうむか、見逃せないと思う。