鈴木信太郎(1895-1989)さんの絵が観たい!10年ぶりの回顧展がそごう美術館で開催されるというのでワクワクしています。陽だまりのような作品世界。大らかな画面。晩年は極端な薄塗りにもかかわらず、しっかり存在感があります。鈴木信太郎さんは、加藤が奉公していた画商の取扱作家のひとりで、個展などの折、下働きすることも多かったので作品に触れる機会を沢山持てました。思い出もあり、思い入れも深く、じっくり作品を鑑賞したい作家です。
■■■■
そごう美術館開館30周年記念 生誕120年 鈴木信太郎展
会期:10月10日(土)~11月15日(日)*会期中無休
有料